TOP >  40年ぶりに、遺産相続などに関する民法が改正される見通しとなりました。

40年ぶりに、遺産相続などに関する民法が改正される見通しとなりました。

2018年8月7日

 

この2018年3月に遺産相続などに関する民法改正案が閣議決定されました。
相続分野の見直しは、なんと40年ぶりのことで、新聞記事やマネー雑誌で大きく取り上げられています。今国会で成立すれば2022年春にも施行される予定です。

 

 改正の背景

今回の改正では、残された配偶者の保護を強化することが柱となっています。
今後、加速度的に高齢化が進み、「多死社会」と言われる時代がすぐそこまで迫っています。2001年1年間で97万人が亡くなっていますが、社会保障・人口問題研究所の推計によれば、死亡者数はこの先、右肩上がりに増加し、ピークを迎える2038年には170万人が亡くなるとされています。
その中で、残された配偶者が生活に困窮するのを防ぐ仕組みづくりが法制面でも必要であるという認識が改正の背景にあるようです。

 

 改訂ポイント

改正ポイントとしてまず、配偶者自身が亡くなるまで今の住居に住める配偶者居住権を新設します。

総務省の平成26年全国消費実態調査によると、2人以上世帯の家計資産に占める不動産の割合は全国平均で約66・5%に上ります。子供がいる場合の配偶者の法定相続分は遺産の2分の1のため、法定相続分で分割した場合、子供の取り分を捻出するため家を売却するなどの必要性に迫られ、最悪住むことができなくなってしまう恐れがあります。
そこで要綱案では、住んでいる家に限って所有権とは別に「配偶者居住権」を新設しました。この権利を設定すると、他者がその家の所有権を持っていても、配偶者は住み続けることができるようになるのです。
これ以外にも配偶者優遇として、結婚してから20年以上たった夫婦に限り、配偶者から遺言による遺贈もしくは贈与された居住用の家は遺産分割の対象から外せる規定も設けられました。

これらの改正によって、配偶者は相続で他の相続人ともめても、住んでいた家を失わずに住めるうえに、生活に必要な現金も相続しやすくなります。

このほか改正案では、自筆証書遺言を法務局に預けられるようにする制度を新設しました。これにより偽造・変造や紛失などのリスクを減らすことができるようになります。また、被相続人の預貯金を遺産分割前に引き出せるようにする制度の創設や被相続人の介護などをした相続人以外の親族が、相続人に金銭を請求できるようにすることなども盛り込まれました。

改正案が成立した場合、私たちにどのような影響を及ぼすのか施行まで時間がありますので、しっかり確認しておきましょう。

HPH180801-003-01
                                       

最近の投稿

遺言書とは・・・

突然ですが、遺言書って書いたことはありますか? 既に書いている方もいらっしゃるでしょうし、まだ考えたことも無い方もいらっしゃると思います。   そもそも遺言とは、一般的には形式や内容にこだわらず、自らの死後のために遺した […]

医療保険の給付金はいつ支払いされるのか?

今回は医療保険の給付金についてお話します。      給付金請求の手続き方法 まず給付金請求の手続きには医師の「診断書」が必要となります。この診断書は、保険会社所定の書類であるため、保険会社から直接入手するか、 […]

学校や地域との関わりを考える

今回は、PTAについて取り上げてみたいと思います。 昨今、核家族化や共働き世帯の増加といった時代の変化を背景に、これまでのPTAの組織の在り方や運営方法を見直し、新たな組織の形を模索する動きが各地で顕著になっています。 […]

住宅購入前にぜひ検証やチェックをしておきたいこと

最近、住宅購入を検討されている方からのご相談が多くなっているので、今回はライフコンサルタントとして住宅購入前にぜひ検証やチェックをしておいて頂きたいことを2点お話ししたいと思います。     本当に住宅ローンを […]

家庭や職場での「サマータイム」の導入は賛成ですか?反対ですか?

昨年に引き続き、今年も「異常気象」な夏となりました。西日本豪雨や大型台風の発生、連日の記録的な猛暑など、日本各地で甚大な被害が出ています。こうした気候状況は、もはや「異常」ではなく、今後、毎年「当たり前」のように起こるも […]

一人親世帯における補助制度をご紹介します。

今回は、一人親世帯における補助制度を5つご紹介します。 ※市区町村によって違う場合がありますので、詳細につきましてはお住まいの役所にご確認下さい。     5つの補助制度   〇児童扶養手当 18歳以下のお子様 […]

介護のおはなし

今回は少し介護のお話をしたいと思います。 国の介護保険制度がスタートしてから18年が経ちました。 本制度は、高齢者の数が増え続ける一方で、核家族化や介護をする方の高齢化などにより、家族だけで介護を行うことが難しくなってき […]

知っておきたい退職金優遇税制

  退職金の優遇税制をご存じでしょうか?若いサラリーマンには馴染みがないかもしれませんが、退職時期が近づくに従い身近なものになってきます。    退職一時金の特徴 退職一時金は退職所得として、給与所得 […]

「個人賠償責任保険」は必要保険です!

突然ですがみなさま、こんなニュースがあったのを覚えてらっしゃいますか?   『自転車で女性をはね寝たきり状態にさせてしまった小学生の母親に9,500万円の賠償命令』   このニュースの衝撃は大きかったですよね。 もしわが […]

限度額適用認定証を活用しましょう!

医療保険のご相談をお受けしたときに、「高額療養費制度」のお話をすることが多いのですが、最近ではこの制度のことをご存知の方がすごく増えています。 ご存知のない方のために簡単におさらいすると、医療費が高額になった場合でも、自 […]

ページトップボタン