TOP >  待機児童解消に向けての「大規模マンションでの保育園の設置促進」

待機児童解消に向けての「大規模マンションでの保育園の設置促進」

2018年9月4日

今回も、待機児童の問題を取り上げます。待機児童の解消には保育の受け皿となる施設や保育士の確保が必要不可欠となります。しかし、政府が講じる施策が思うような成果に繋がっておらず、施設や保育士の不足は深刻化する一方です。

そこで、今回は、「子育て安心プラン」に掲げられた施策の一つ、「大規模マンションでの保育園の設置促進」について見ていきたいと思います。

 

 「大規模マンションでの保育園の設置促進」とは?

昨年の10月、国土交通省と厚生労働省の両省は、「大規模マンションでの保育園の設置促進」についての通知を都道府県や政令市などの地方公共団体に出しました。この通知は、大規模マンションの建設が計画されている地域において、新たな保育施設が必要と見込まれる場合、自治体がそのマンションの開発事業者に対して保育施設の併設を要請することを促すものです。

建物の大きさを制限する「容積率」を緩和する特別措置など、一見すると、マンションの開発業者にとってのメリットも多いように思えます。それにも拘らず、現状では、保育施設を併設したマンションの数はそれほど増えていません。それにはどのような事情があるのでしょうか。マンションの居住者と開発業者、行政(自治体)、それぞれの視点から整理してみたいと思います。

 

 それぞれの視点

まず、居住者にとってのメリットが少ないことが挙げられます。仮に、併設される施設が人気の認可保育園の場合、そこに住んでいるからといって優先的に入所できる訳ではありません。他の地域住民と同等に審査され、落選することもあるのです。また、保育施設の利用ニーズは子育て世帯に限られます。高齢者や単身者といった他の居住世帯にとってのメリットはあまりないと言わざるを得ません。

開発業者も同様です。施設の開設には多くの審査を要します。そのための作業にかかる労力も大きな負担となります。また、都市部などの土地は、商業施設やホテルとの争奪戦の上で買収したものです。事業として少しでも収益性を高める必要があります。計画後に自治体から保育所設置を要望されても、一企業の使命感やCSR(企業の社会的責任)などというだけでは対応が難しいのが現状です。

行政(自治体)としても、現状は、開発業者との協議の上で保育施設の併設について協力をお願いすることしかできません。そして、政府も、今回の通知だけで待機児童の問題が解決するとはもちろん思っていません。よって、今のところ、この施策にどれだけの成果が期待できるのかについては、「不透明」な部分が多いと言わざるを得ないのです。

 

 今後の施策

保育の受け皿の確保に民間事業者の協力が欠かせないことは言うまでもありません。この施策についても、マンションの開発業者を納得させるだけの対策を検討する余地はまだあると思います。例えば、初めは、認可外の施設として創設、居住者に入所の「優先権」を付与し、数年後に認可保育所に移行するという条件でマンションを建設する、こうした柔軟な対応も可能ではないでしょうか。

また、将来の保育施設の需要減少を想定し、許容されうる用途変更、例えば、学童保育や高齢者福祉施設などへの変更を都市計画に盛り込むことも可能となっています。将来を見据えた発想で、モデルとなるような事例を積み上げていくことがまずは大切なことだと思います。

この施策が待機児童の解消において効果的なものとなり得るか、今後も注目していきたいと思います。

HPH180830-006-01

最近の投稿

「個人賠償責任保険」は必要保険です!

突然ですがみなさま、こんなニュースがあったのを覚えてらっしゃいますか?   『自転車で女性をはね寝たきり状態にさせてしまった小学生の母親に9,500万円の賠償命令』   このニュースの衝撃は大きかったですよね。 もしわが […]

限度額適用認定証を活用しましょう!

医療保険のご相談をお受けしたときに、「高額療養費制度」のお話をすることが多いのですが、最近ではこの制度のことをご存知の方がすごく増えています。 ご存知のない方のために簡単におさらいすると、医療費が高額になった場合でも、自 […]

待機児童解消に向けての「大規模マンションでの保育園の設置促進」

今回も、待機児童の問題を取り上げます。待機児童の解消には保育の受け皿となる施設や保育士の確保が必要不可欠となります。しかし、政府が講じる施策が思うような成果に繋がっておらず、施設や保育士の不足は深刻化する一方です。 そこ […]

気になる!貯蓄性のある保険

さて今回は、「貯蓄性のある保険」についてお伝えさせて頂きます♪ 皆さんは、貯金は三角 保険は四角、という言葉を耳にしたことはあるでしょうか? おそらく多くの方が銀行等で何かしらの貯金を行なっていると思いますが、保険を活用 […]

3分で分かる。所得補償保険と就業不能保険の違い

お客様から最もお問い合わせが多いのが、「働けなくなったときの保険」です。 今回はその中でも、収入減によって生活が困らないようにする 『所得補償保険』と『就業不能保険』の違いをお話します。 まず以下に違いを挙げています。 […]

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。 4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広 […]

40年ぶりに、遺産相続などに関する民法が改正される見通しとなりました。

  この2018年3月に遺産相続などに関する民法改正案が閣議決定されました。 相続分野の見直しは、なんと40年ぶりのことで、新聞記事やマネー雑誌で大きく取り上げられています。今国会で成立すれば2022年春にも施 […]

うつ病と生命保険

仕事、学業、日常生活などのストレスから精神的に参ってしまい、うつ病になる方が年々増えてきてます。うつ病という病気に対して、昔は「精神的に弱いからだ」とか「甘えだ」と思われていましたが、今は誰しもがなりうる病気と認識されて […]

持病があっても保険って入れるの?

お客様よりよくいただくお問い合わせのひとつが、「持病があっても入れる保険」についてです。 正確には、「引受緩和型」と言い、「引受(条件)」を「緩和」した保険で、従来の保険であれば、お引き受けできない体況の方でも、保険に加 […]

日本の社会保障制度

さて、日本には充実した社会保障制度があることを皆様はご存知でしょうか? 民間保険に入る前に、どのような社会保障制度があるかを知ることはとても大切なことです。 今回は、代表的なものを8つピックアップいたします! &nbsp […]

ページトップボタン