TOP >  知っておきたい退職金優遇税制

知っておきたい退職金優遇税制

2018年9月25日

 

退職金の優遇税制をご存じでしょうか?若いサラリーマンには馴染みがないかもしれませんが、退職時期が近づくに従い身近なものになってきます。

 

 退職一時金の特徴

退職一時金は退職所得として、給与所得や不動産所得、雑所得などとは合算されず個別に所得税の税率が適用されます(分離課税方式)。

税負担が軽くなるよう特別に扱われる理由は、退職金が長年の勤務に対する功労・慰労を意味する対価であり、退職金を受け取る本人にとって、老後の生活の保障となる場合が多いためです。 
実際、長年勤務したサラリーマンが例えば1500万円の退職金を受け取ったとしても、現在の給与と合算して課税されてしまうと、4割近く税金を取られてしまう可能性もあり、老後の生活が脅かされてしまうため、税が優遇されるのです。

同様の理由で、控除が手厚いのも特徴です。
勤続20年以下では、40万円×勤続年数が退職所得控除額となります。
さらに勤続20年超の人は、20年を超える部分について70万円×勤続年数が退職所得控除額となる仕組みとなっています。

実際の課税対象となる退職所得は、退職一時金からこの控除額を引いた後の額の1/2となるため相当控除が厚いといえます。20年を超える部分の控除額が増額されているのは、長年の勤続に対するいわゆるご褒美的は意味合いが強いのではないかと思います。これまでの日本における終身雇用の中で培われたものといえるでしょう。

 

 多様化する働き方への対応

ところが、働き方改革が叫ばれ、「同一賃金、同一労働」「ダイバーシティ」等の言葉が生まれ、終身雇用が必ずしも美徳とはならない世の中になってきました。  
慢性的な人手不足により、人材の流動化も進んでいくでしょう。このような世間の流れに対し、1つの会社に居続けたほうが退職一時金の手取りが有利になることを意味する退職金優遇税制は必ずしも時代の要請に合っていないのかもしれません。

昨年11月に公表された政府税制調査会の中間報告書に「退職所得控除は勤続期間が20年を超えると控除額が急増する仕組みになっていることが、転職に対して中立的ではなく、働き方の多様化を想定していないとの指摘がある」との一文が加えられました。

日本の終身雇用慣行が縮小し転職が一般的になる中で、現行制度は転職者に不利な内容となっており、これを解消するというわけです。今後の税制改正で退職一時金の控除制度見直しも、多様な働き方への対応という流れの中で議論される可能性が高まっています。

勤続20年超の優遇部分が見直しの対象になるとは思われますが、1つの会社に勤続20年超の人にとっては増税になってしまいます。また分離課税をどうするかの議論もあるでしょう。

老後の資産形成にも影響する話題ですので、今後の制度設計の議論に注目です。

HPH180830-005-01

最近の投稿

家庭や職場での「サマータイム」の導入は賛成ですか?反対ですか?

昨年に引き続き、今年も「異常気象」な夏となりました。西日本豪雨や大型台風の発生、連日の記録的な猛暑など、日本各地で甚大な被害が出ています。こうした気候状況は、もはや「異常」ではなく、今後、毎年「当たり前」のように起こるも […]

一人親世帯における補助制度をご紹介します。

今回は、一人親世帯における補助制度を5つご紹介します。 ※市区町村によって違う場合がありますので、詳細につきましてはお住まいの役所にご確認下さい。     5つの補助制度   〇児童扶養手当 18歳以下のお子様 […]

介護のおはなし

今回は少し介護のお話をしたいと思います。 国の介護保険制度がスタートしてから18年が経ちました。 本制度は、高齢者の数が増え続ける一方で、核家族化や介護をする方の高齢化などにより、家族だけで介護を行うことが難しくなってき […]

知っておきたい退職金優遇税制

  退職金の優遇税制をご存じでしょうか?若いサラリーマンには馴染みがないかもしれませんが、退職時期が近づくに従い身近なものになってきます。    退職一時金の特徴 退職一時金は退職所得として、給与所得 […]

「個人賠償責任保険」は必要保険です!

突然ですがみなさま、こんなニュースがあったのを覚えてらっしゃいますか?   『自転車で女性をはね寝たきり状態にさせてしまった小学生の母親に9,500万円の賠償命令』   このニュースの衝撃は大きかったですよね。 もしわが […]

限度額適用認定証を活用しましょう!

医療保険のご相談をお受けしたときに、「高額療養費制度」のお話をすることが多いのですが、最近ではこの制度のことをご存知の方がすごく増えています。 ご存知のない方のために簡単におさらいすると、医療費が高額になった場合でも、自 […]

待機児童解消に向けての「大規模マンションでの保育園の設置促進」

今回も、待機児童の問題を取り上げます。待機児童の解消には保育の受け皿となる施設や保育士の確保が必要不可欠となります。しかし、政府が講じる施策が思うような成果に繋がっておらず、施設や保育士の不足は深刻化する一方です。 そこ […]

気になる!貯蓄性のある保険

さて今回は、「貯蓄性のある保険」についてお伝えさせて頂きます♪ 皆さんは、貯金は三角 保険は四角、という言葉を耳にしたことはあるでしょうか? おそらく多くの方が銀行等で何かしらの貯金を行なっていると思いますが、保険を活用 […]

3分で分かる。所得補償保険と就業不能保険の違い

お客様から最もお問い合わせが多いのが、「働けなくなったときの保険」です。 今回はその中でも、収入減によって生活が困らないようにする 『所得補償保険』と『就業不能保険』の違いをお話します。 まず以下に違いを挙げています。 […]

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。 4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広 […]

ページトップボタン