TOP >  学校や地域との関わりを考える

学校や地域との関わりを考える

2018年10月30日

今回は、PTAについて取り上げてみたいと思います。

昨今、核家族化や共働き世帯の増加といった時代の変化を背景に、これまでのPTAの組織の在り方や運営方法を見直し、新たな組織の形を模索する動きが各地で顕著になっています。
PTAとは、「Parent-Teacher Association」の頭文字をとったもので、学校単位で結成される保護者と教職員による連携・協力組織(社会教育団体)のことを言います。教育環境の向上や健全な育成などを目的として、各学校の保護者と教職員によって自主的に結成・運営されています。

PTAは、「任意団体」の位置づけであり、原則として、組織への加入や脱退等も各自の任意となっています。しかし、これまでは、日本の慣習として、ほとんどの学校において、保護者の全員参加を前提とする「全員加入方式」がとられてきました。 この「全員加入方式」による「ピラミッド型」の組織には、運営上、PTA会長に窓口が一本化されることで、学校と保護者の間の伝達や交渉、了解といったやりとりをスムーズに行うことができるというメリットがあります。そのため、学校側もこうした組織の体制や運営方法を支持してきたのです。

しかし、その一方で、
①保護者の会員意識が低い
②一部の役員への過重負担
③学校の財政支援団体に陥りやすい
④保護者と教員の役割分担が曖昧
といった多くの課題を抱えており、それが昨今の組織改革の動きに繋がっていると言うことができます。

家事や仕事で多忙な保護者にとって、PTA活動への参加は「重荷」であり、役員の成り手もなかなか見つからないのが現状です。保護者の中には「やらされてる感」を口にする者も多く、かつてのような役割分担は容易なものではなくなってきています。

そこで、各地のPTAにおいて、これまでの取り組みを参考に、活動内容のスリム化、負担の軽減、組織運営の見直し等が検討されるようになりました。その多くが、「全員加入」から「任意加入」への移行、より多くの保護者が「可能な範囲」で「気持ちよく」参加できるような組織への移行を目指しています。

新しい組織の方向性としては、
①保護者の自主性を尊重する「ボランティア型」組織への移行
②地域社会(Community)を巻き込んだ新たな組織(PTCA)の構築
③教育提案型組織への移行
といった様々なアイデアが示されており、現在、実現に向けた模索が各地で続けられています。

但し、こうした取り組みには、強いリーダーシップや求心力、そして、周りの更なる理解と協力が必要不可欠です。改革を一過性のものとして終わらせることなく成功へと導いていくためには、まずは、私たち一人ひとりが当事者としての意識を持つことが大切なことだと思います。

昨今、高齢化や共働き世帯の増加等に伴い、学校や地域の活動の多くが組織の在り方や運営方法の見直しを迫られています。子育てと仕事とを両立させていく上で、一保護者、一住民として、こうした学校や地域の活動にどのように関わっていくべきか、今一度、考えてみてはいかがでしょうか。

HPH181004-003-01

 

 

最近の投稿

保険加入の際の健康状態について

現在保険に入ろうと思っている方も、いずれ検討しようと思っている方も、保険に加入する際に様々な条件がつく可能性がある事をご存知でしょうか?   生命保険のお申込を行うときには健康状態を「告知」していただく必要があります。 […]

うつ病でも自転車保険の保障が得られる方法

自転車に乗ると、天然の神経物質「セロトニン」や「エンドルフィン」が脳の情報伝達バランスを整え、うつ病の症状の改善に役立つという結果が研究によって明らかにされています。 しかしながら、他人と事故を起こしてしまったり、最悪の […]

『マイナス金利』でもお金は増やせる?!

近年よく耳にする『マイナス金利』ですが、どのようなものだったのか、おさらいしてみましょう。    『マイナス金利』とは まず、『マイナス金利』とは・・・ ◆政府(政策)の狙い 1.日本銀行が民間の銀行から資金を預かる時の […]

【配偶者控除および配偶者特別控除】パート主婦の年収の壁とは?

2018年1月から配偶者控除および配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額などが大きく改正されています。    これまでの仕組み それまで夫は妻を税法上の扶養とするために、パート等で […]

住宅ローンを組む前に・・ライフプランニングのすすめ

  今回は「住宅ローン控除」についてお話したいと思います! 住宅購入の際、住宅ローンを組まれた方は、住宅ローン控除の恩恵を受けることができます。(10年以上の借入期間、床面積50平方メートル以上など、いくつかの […]

10年以上使っていない銀行口座は2019年から「休眠預金」に・・・!

貯金が大好きと言われる日本人は、平均1人当たり3.5口座を保有しているようですが、「休眠預金」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?    休眠預金とは 長期間動きのない口座のことを「休眠預金」といい、最後 […]

いよいよ、消費税率10%へ

消費税率10%への引き上げが、2019年10月1日より施行される予定です。 特に住宅等の大きい買い物を検討されている方は、関心が強いのではないでしょうか。   注文住宅の場合は、工事の契約から完成引渡しまで期間が長いこと […]

ふるさと納税を活用しましょう!

今回は話題の「ふるさと納税制度」についてお話しいたします。    ふるさと納税制度とは そもそもふるさと納税とは何でしょう。いまさら聞けない方に、改めてお伝えします。 「ふるさと納税」とは、みなさまが応援したい […]

住宅ローンの団信の選び方

現在、住宅ローンの団信はたくさん種類がありますが、皆さんはどのようにして選ばれますか?   かつては、亡くなったときに限り住宅ローンの残高を0円にするものだけでした。 しかし現在では、がん・三大疾病・八大疾病・就業不能に […]

認知症は「早期発見」が大切です!

   認知症をテーマにしたドラマが今年放送されていましたが、ご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。   このドラマの中で、「MCI」という専門用語が出てきます。 これは「軽度認知障害」のことで、正常な状態と […]

ページトップボタン