TOP >  パート収入の壁

パート収入の壁

2017年12月18日

パート収入がある主婦のみなさん。気になりますよね、『年収の壁』のこと。

パートで働く主婦の人が、
103万円を超えて稼いじゃうと、所得税がかかってしまう・・」
と、働く時間を減らすことがよくあります。

実際に103万円を超えて働くとどうなるのでしょう?

 

「税金の壁」と「社会保障の壁」

パート収入の壁には、主に「税金の壁」と「社会保険料の壁」があります。
「税金の壁」のときは通勤費を入れない年収で考えるのに、「社会保険料の壁」のときは原則、通勤費を含む今後の収入で考えます。
ややこしいですねぇ~。

2018年より、世帯主の所得税軽減に使える配偶者控除の壁は150万に引き上げられますが、一旦ここでは置いておきますね。

まず仮に収入が103万円を超えて110万円になったとすると、103万を超えた7万円に対して、約3,500円の所得税がかかります。
収入が約100万円を超えると、住民税もかかってきます。年収110万の場合、《平和堂ほけん あるプラス》の店舗がある寝屋川市では約2万円になります。
つまり収入が103万円を超えて110万円になった場合、収入は7万円増えますが、約23,500円の所得税と住民税が控除されますので、差し引くと46,500円手取りが増えることになります。

税金を取られるのは痛いですが、保険料控除ふるさと納税等の活用で、税金に関しては抑えることもできます。
ただし、以下の全てに当てはまる場合は注意が必要です。

1. 週20時間以上働いていること。
2. 給料が月88,000円以上であること。
3. 社会保険の対象となっている、従業員数501人以上の企業に勤めていること。
4. 1年以上働くことが見込まれること。

社会保険は年収130万を超えると加入することになっていますが、2016年10月より、この4つの条件に当てはまる場合、年収106万から社会保険に入らなければならなくなりました。
社会保険料は、年収の約14%が引かれます。
年収110万の場合、約15万4000円の社会保険料が引かれ、年収は上がったのに手取りが下がってしまう事になります。
これはどうなのでしょうか?

社会保険料を払うという事は、将来の老齢年金等の社会保障には有利に働きますので一概に損とは言えませんが、収入を得る機会があるのであれば、税金を抑えるヒントも得たいですよね。

さて長くなってしまいましたが、共働き世帯が増えた現代では、主婦の皆様のパート収入は、思っているよりも家計を支えていることが多いと感じています。
今だけではなく未来も見据えた考え方が、これからの時代を生き抜く為には必要なのではないでしょうか?

ひとつひとつのご家庭に合った、「人生設計」を一緒に作ってみませんか?
私だったら、どれくらいの収入にした方がいい?なんて質問にも親身に答えさせていただきますよ!
 


あなたらしい素敵な活き方を応援します♪
≪平和堂ほけん あるプラス≫アル・プラザ香里園 豊田(とよだ)

HPH171207-001-01

最近の投稿

家庭や職場での「サマータイム」の導入は賛成ですか?反対ですか?

昨年に引き続き、今年も「異常気象」な夏となりました。西日本豪雨や大型台風の発生、連日の記録的な猛暑など、日本各地で甚大な被害が出ています。こうした気候状況は、もはや「異常」ではなく、今後、毎年「当たり前」のように起こるも […]

一人親世帯における補助制度をご紹介します。

今回は、一人親世帯における補助制度を5つご紹介します。 ※市区町村によって違う場合がありますので、詳細につきましてはお住まいの役所にご確認下さい。     5つの補助制度   〇児童扶養手当 18歳以下のお子様 […]

介護のおはなし

今回は少し介護のお話をしたいと思います。 国の介護保険制度がスタートしてから18年が経ちました。 本制度は、高齢者の数が増え続ける一方で、核家族化や介護をする方の高齢化などにより、家族だけで介護を行うことが難しくなってき […]

知っておきたい退職金優遇税制

  退職金の優遇税制をご存じでしょうか?若いサラリーマンには馴染みがないかもしれませんが、退職時期が近づくに従い身近なものになってきます。    退職一時金の特徴 退職一時金は退職所得として、給与所得 […]

「個人賠償責任保険」は必要保険です!

突然ですがみなさま、こんなニュースがあったのを覚えてらっしゃいますか?   『自転車で女性をはね寝たきり状態にさせてしまった小学生の母親に9,500万円の賠償命令』   このニュースの衝撃は大きかったですよね。 もしわが […]

限度額適用認定証を活用しましょう!

医療保険のご相談をお受けしたときに、「高額療養費制度」のお話をすることが多いのですが、最近ではこの制度のことをご存知の方がすごく増えています。 ご存知のない方のために簡単におさらいすると、医療費が高額になった場合でも、自 […]

待機児童解消に向けての「大規模マンションでの保育園の設置促進」

今回も、待機児童の問題を取り上げます。待機児童の解消には保育の受け皿となる施設や保育士の確保が必要不可欠となります。しかし、政府が講じる施策が思うような成果に繋がっておらず、施設や保育士の不足は深刻化する一方です。 そこ […]

気になる!貯蓄性のある保険

さて今回は、「貯蓄性のある保険」についてお伝えさせて頂きます♪ 皆さんは、貯金は三角 保険は四角、という言葉を耳にしたことはあるでしょうか? おそらく多くの方が銀行等で何かしらの貯金を行なっていると思いますが、保険を活用 […]

3分で分かる。所得補償保険と就業不能保険の違い

お客様から最もお問い合わせが多いのが、「働けなくなったときの保険」です。 今回はその中でも、収入減によって生活が困らないようにする 『所得補償保険』と『就業不能保険』の違いをお話します。 まず以下に違いを挙げています。 […]

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。 4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広 […]

ページトップボタン