TOP >  教育ローンと奨学金

教育ローンと奨学金

2018年3月14日

さて≪平和堂ほけん あるプラス≫では、ライフプランニング(人生設計)をする事により、将来のご家庭の収支バランスや資産状況をシミュレーションする事ができます。

子育て中のご家庭を実際にシミュレーションしてみると、教育費の負担が大きくなる時期、大学進学時に赤字が大きくなり、教育費が捻出出来ない可能性が見えてくる事も少なくありません。
教育費を十分に準備するのが難しいのであれば、対策を考えなければなりません。

そのような時に頼りになるのが「奨学金」です。

日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査結果」によれば、大学生の51.3%が奨学金を利用しています。つまり、2人に1人が利用していると言えるでしょう。
奨学金は入学後に支給が開始するので、入学準備金や入学金についての準備が無ければ、国の「教育ローン」などが利用出来ます。

 

 教育ローンと奨学金を利用した場合

例えば、入学時に教育ローンを100万円、返済期間10年で借りた場合を例にしましょう。
教育ローンは入学後の翌月または翌々月から毎月返済が開始となります。この場合、毎月の返済額は9,200円(119回払い)となります。 ※「日本政策金融公庫」参照

また奨学金を月8万円(第二種利息付年0.16%、返済期間20年)利用した場合、卒業後7ヶ月後から返済開始となります。
この場合の毎月の返済額は 16,270円(240回払い)となります。 ※「独立行政法人日本学生支援機構」参照

卒業後の6年間は、教育ローンと奨学金の返済が重なり、23歳~29歳の間の返済額は合計25,470円となります。

 

 返済プランをよく考えましょう

奨学金は住宅ローンなどと違い、借りる人の返済能力に関する審査が無いので、ついつい多く借りてしまいがちです。
上記の例ですと、完済は43歳になります。その間に結婚して子供を育てながら毎月返済していくとしたら、それは簡単なことではないでしょう。

実は今、この奨学金を返済出来ずに破産申告をする方が増加し、過去5年で延べ15,000人にものぼることをご存知でしょうか?

主な理由には大学を出たが非正規雇用の仕事にしか就けなかったことや、その後の収入の減少などが多いようです。また、奨学金の貸与および給付を行う日本学生支援機構(JASSO)が回収を強化したことによる影響も大きいようです。
 
もし返済が立ち行かなくなり自己破産申請を行うと、借りる際に連帯保証人となった親族の方が返済を求められるようになります。場合によっては親族の方も返済出来ずに自己破産の連鎖を起こしてしまうケースまであり、新聞やワイドショーで取り上げられることもありました。

このような事にならないためにも借りる場合も計画的な利用や、今から将来に向けた準備をしっかりと行っておくことで、将来のお子様やご自身のためになるのではないかと思います。

≪平和堂ほけん あるプラス≫では教育費の積立てはもちろん、将来のことをトータル的に考えるライフプランニングを無料でご案内させて頂いております。
保険やお金に関するどんな些細なご相談でも承っておりますので、お気軽にご来店下さい。
 


あなたらしい素敵な活き方を応援します♪
≪平和堂ほけん あるプラス≫アル・プラザ香里園 豊田(とよだ)

HPH180313-006-01

最近の投稿

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。 4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広 […]

40年ぶりに、遺産相続などに関する民法が改正される見通しとなりました。

  この2018年3月に遺産相続などに関する民法改正案が閣議決定されました。 相続分野の見直しは、なんと40年ぶりのことで、新聞記事やマネー雑誌で大きく取り上げられています。今国会で成立すれば2022年春にも施 […]

うつ病と生命保険

仕事、学業、日常生活などのストレスから精神的に参ってしまい、うつ病になる方が年々増えてきてます。うつ病という病気に対して、昔は「精神的に弱いからだ」とか「甘えだ」と思われていましたが、今は誰しもがなりうる病気と認識されて […]

持病があっても保険って入れるの?

お客様よりよくいただくお問い合わせのひとつが、「持病があっても入れる保険」についてです。 正確には、「引受緩和型」と言い、「引受(条件)」を「緩和」した保険で、従来の保険であれば、お引き受けできない体況の方でも、保険に加 […]

日本の社会保障制度

さて、日本には充実した社会保障制度があることを皆様はご存知でしょうか? 民間保険に入る前に、どのような社会保障制度があるかを知ることはとても大切なことです。 今回は、代表的なものを8つピックアップいたします! &nbsp […]

転勤になった!住宅ローン控除はどうなる?

今回は会社からの転任の命令に伴い転居することになった場合(転勤になった場合)、住宅ローン控除の適用を受けておられた方が引き続き受けることができるのか?についてお話させて頂きたいと思います。   単身赴任の場合とご家族と一 […]

ハザードマップをご存知ですか?

さて、皆さまはハザードマップというのを聞いたことはありますか? ハザードマップとは自然災害による被害予測地図のことをさしていて、「予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度」などが地図上に図示されているもので […]

がんの定期検診をお忘れなく・・

さて、皆様は、「がんの5年相対生存率」という言葉を聞いたことはありますか?   これは「がんの治療を始めた人の中で5年後に生存している人と、日本人全体の性別と年齢が同じ人の5年後の生存率とを比べた割合」のことを表していま […]

保育の現場で情報通信技術の活用が活発化しています!

今回は保険のお話から少し離れ、今問題となっている保育士の業務負担についてお話しいたします。 現在、女性の社会進出を阻む待機児童の問題は、未だ出口が見えない状況にあります。 国が策定した「子育て安心プラン」にも掲げられてい […]

三大疾病に備える保険

民間の保険には、三大疾病になった時に数百万円の一時金が支払われる保険があります。 保険会社によって名前は違いますが、「三大疾病保障保険」「特定疾病保障保険」と呼ばれています。    支払われる要件 保険金が支払 […]

ページトップボタン