TOP >  「介護保険」利用者負担の見直し

「介護保険」利用者負担の見直し

2018年5月15日

平成30年8月から公的介護保険制度の利用者負担割合が見直しされます。今後どのようになるのか見ていきたいと思います。

 

 (1)公的介護保険制度の利用者負担割合の見直し

厚生労働省の発表によると、現役世帯並みの所得のある者の利用者負担割合の見直しが、平成30年8月より行われます。
平成28年4月月報の介護保険事業状況報告において、受給者全体は496万人ですが、このうち在宅サービス360万人、施設・住居系136万人(うち特別養護老人ホーム56万人)となっています。

3割負担となる方の推計などについてまとめると、以下のとおりです。
                                         
                                (単位:万人)
           在宅サービス  施設・住居系   特養     合計
  受給者数(実績)   360     136    56    496
  3割負担(推計)    13       4     1     16
   うち負担増      11       1     0     12
   (対受給者数)   (3%)    (1%)  (0%)   (3%)
                                         
特別養護老人ホーム入所者の一般的な費用負担の2割相当分は、既に4万4千4百円の上限に当たっているため、3割負担となっても、負担増となる方はほとんどいません。

 

 (2)利用者負担割合

改正により利用者負担割合が2割から3割となる方の年金収入等は、今後具体的に政令で定められる予定となっています。
現時点では「合計所得金額(給与収入や事業収入等から給与所得控除や必要経費を控除した額)220万円以上」かつ「年金収入+その他の合計所得金額340万円以上(単身世帯の場合、夫婦世帯の場合463万円以上)」とすることを想定されており、単身で年金収入のみの場合344万円以上に相当します。

2割負担者については、上記に該当しない「合計所得金額160万円以上」かつ「年金収入+その他合計所得金額280万円以上(単身世帯の場合、夫婦世帯の場合346万円以上)」の方であり、単身で年金収入のみの場合280万円に相当します。

また、それ以外の多くの方は1割負担です。

 

 (3)まとめ

高齢化にともない、今後、公的介護保険の保険料や利用者負担の仕組みが変化していくことが予想されます。介護に対しどのような形で準備した方がよいのか考えてみるのも良いかもしれません。

根拠:厚生労働省 平成29年介護保険改正


※掲載内容は、2017年07月17日時点での法律等をもとに作成したものです。 

 

 

HPH180501-008-01

最近の投稿

保険加入の際の健康状態について

現在保険に入ろうと思っている方も、いずれ検討しようと思っている方も、保険に加入する際に様々な条件がつく可能性がある事をご存知でしょうか?   生命保険のお申込を行うときには健康状態を「告知」していただく必要があります。 […]

うつ病でも自転車保険の保障が得られる方法

自転車に乗ると、天然の神経物質「セロトニン」や「エンドルフィン」が脳の情報伝達バランスを整え、うつ病の症状の改善に役立つという結果が研究によって明らかにされています。 しかしながら、他人と事故を起こしてしまったり、最悪の […]

『マイナス金利』でもお金は増やせる?!

近年よく耳にする『マイナス金利』ですが、どのようなものだったのか、おさらいしてみましょう。    『マイナス金利』とは まず、『マイナス金利』とは・・・ ◆政府(政策)の狙い 1.日本銀行が民間の銀行から資金を預かる時の […]

【配偶者控除および配偶者特別控除】パート主婦の年収の壁とは?

2018年1月から配偶者控除および配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額などが大きく改正されています。    これまでの仕組み それまで夫は妻を税法上の扶養とするために、パート等で […]

住宅ローンを組む前に・・ライフプランニングのすすめ

  今回は「住宅ローン控除」についてお話したいと思います! 住宅購入の際、住宅ローンを組まれた方は、住宅ローン控除の恩恵を受けることができます。(10年以上の借入期間、床面積50平方メートル以上など、いくつかの […]

10年以上使っていない銀行口座は2019年から「休眠預金」に・・・!

貯金が大好きと言われる日本人は、平均1人当たり3.5口座を保有しているようですが、「休眠預金」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?    休眠預金とは 長期間動きのない口座のことを「休眠預金」といい、最後 […]

いよいよ、消費税率10%へ

消費税率10%への引き上げが、2019年10月1日より施行される予定です。 特に住宅等の大きい買い物を検討されている方は、関心が強いのではないでしょうか。   注文住宅の場合は、工事の契約から完成引渡しまで期間が長いこと […]

ふるさと納税を活用しましょう!

今回は話題の「ふるさと納税制度」についてお話しいたします。    ふるさと納税制度とは そもそもふるさと納税とは何でしょう。いまさら聞けない方に、改めてお伝えします。 「ふるさと納税」とは、みなさまが応援したい […]

住宅ローンの団信の選び方

現在、住宅ローンの団信はたくさん種類がありますが、皆さんはどのようにして選ばれますか?   かつては、亡くなったときに限り住宅ローンの残高を0円にするものだけでした。 しかし現在では、がん・三大疾病・八大疾病・就業不能に […]

認知症は「早期発見」が大切です!

   認知症をテーマにしたドラマが今年放送されていましたが、ご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。   このドラマの中で、「MCI」という専門用語が出てきます。 これは「軽度認知障害」のことで、正常な状態と […]

ページトップボタン