TOP >  セルフメディケーション税制を活用しましょう!

セルフメディケーション税制を活用しましょう!

2018年5月8日

 

 (1)セルフメディケーション税制とは

3月の確定申告で話題となる控除の一つに「医療費控除」があります。
医療費控除とは、年間の医療費が高額になった場合に、確定申告をすることで、所得控除を受けられる仕組みです。

平成29年1月1日から、医療費控除に期間限定の特例が設けられました。それが『セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)』です。
長いカタカナでまだ聞きなれないかもしれませんが、この税制がスタートして1年が経過し、今年の確定申告が初めての年となりました。
セルフメディケーション税制とは、健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行っている方が、平成29年1月1日以後に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために特定一般用医薬品等購入費を支払った場合には、一定の金額の所得控除(医療費控除の特例)を受けることができる制度です。従来の医療費控除と異なり、少額の医療費でも適用となることから、ぜひ利用したい税制の一つです。

 

 (2)メリット

この制度のメリットは医療機関にかからなくとも医療費控除を活用ができ、手軽に節税ができる点です。

従来型の医療費控除は10万円以上の医療費が発生した場合でないと適用できませんが(総所得金額が200万円以上)、一般的なサラリーマンの核家族で医療費控除の確定申告を行うほど医療費を使う機会は、家族の入院や出産時など数えるほどしかないと思われます。残念ながらこれまで一度も活用したことが無いご家庭が大半だと思われます。
しかしこのセルフメディケーション税制は、多くのご家庭が関係することになると思われます。
新制度における医療費のハードルは1万2千円です。家族全員が使用する市販薬(※1)の合計額が1万2千円を超えればいいのです。
例えば毎年4~5万円位の市販薬を購入していたような方は、医療費控除は使えませんが、セルフメディケーション税制を10万円を限度に存分に活用いただけます。
なお、医療費控除とセルフメディケーション税制の両方を適用することはできないので注意が必要です。

 

 (3)注意したいポイント

この制度で注意したいポイントは、薬を買うだけでは使えないということです。
健康増進に努めていることを証明する必要があります。ですから、インフルエンザの予防接種をした証明書や、健康診断を受けた証明書などの書類添付が必要です。

また、1月1日から12月31日までの間に実施した健康増進であることも確認されます。市販薬(※1)の購入も同じ年の同じ期間内であることが必要です。
なお、健康増進活動を行うのは家族全員である必要はありません。専業主婦(主夫)のご家庭で、配偶者が健康診断を受けていなくとも、家計を支える主たる就業者が健康診断を受けていれば、配偶者は健康診断未受診でも差し支えありません。


新しく始まったセルフメディケーション税制は、私たちの暮らしの中で上手に活用できる身近な税制だと思います。上手に活用し、賢く医療費の削減と、税効果による有利な市販薬の購入に取り組んでみてはいかがでしょうか。

※1 要指導医薬品及び一般医薬品のうち、医療用から転用された医薬品


掲載内容は、2018年03月29日時点での法律等をもとに作成したものです。

 

HPH180501-009-01

最近の投稿

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。 4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広 […]

40年ぶりに、遺産相続などに関する民法が改正される見通しとなりました。

  この2018年3月に遺産相続などに関する民法改正案が閣議決定されました。 相続分野の見直しは、なんと40年ぶりのことで、新聞記事やマネー雑誌で大きく取り上げられています。今国会で成立すれば2022年春にも施 […]

うつ病と生命保険

仕事、学業、日常生活などのストレスから精神的に参ってしまい、うつ病になる方が年々増えてきてます。うつ病という病気に対して、昔は「精神的に弱いからだ」とか「甘えだ」と思われていましたが、今は誰しもがなりうる病気と認識されて […]

持病があっても保険って入れるの?

お客様よりよくいただくお問い合わせのひとつが、「持病があっても入れる保険」についてです。 正確には、「引受緩和型」と言い、「引受(条件)」を「緩和」した保険で、従来の保険であれば、お引き受けできない体況の方でも、保険に加 […]

日本の社会保障制度

さて、日本には充実した社会保障制度があることを皆様はご存知でしょうか? 民間保険に入る前に、どのような社会保障制度があるかを知ることはとても大切なことです。 今回は、代表的なものを8つピックアップいたします! &nbsp […]

転勤になった!住宅ローン控除はどうなる?

今回は会社からの転任の命令に伴い転居することになった場合(転勤になった場合)、住宅ローン控除の適用を受けておられた方が引き続き受けることができるのか?についてお話させて頂きたいと思います。   単身赴任の場合とご家族と一 […]

ハザードマップをご存知ですか?

さて、皆さまはハザードマップというのを聞いたことはありますか? ハザードマップとは自然災害による被害予測地図のことをさしていて、「予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度」などが地図上に図示されているもので […]

がんの定期検診をお忘れなく・・

さて、皆様は、「がんの5年相対生存率」という言葉を聞いたことはありますか?   これは「がんの治療を始めた人の中で5年後に生存している人と、日本人全体の性別と年齢が同じ人の5年後の生存率とを比べた割合」のことを表していま […]

保育の現場で情報通信技術の活用が活発化しています!

今回は保険のお話から少し離れ、今問題となっている保育士の業務負担についてお話しいたします。 現在、女性の社会進出を阻む待機児童の問題は、未だ出口が見えない状況にあります。 国が策定した「子育て安心プラン」にも掲げられてい […]

三大疾病に備える保険

民間の保険には、三大疾病になった時に数百万円の一時金が支払われる保険があります。 保険会社によって名前は違いますが、「三大疾病保障保険」「特定疾病保障保険」と呼ばれています。    支払われる要件 保険金が支払 […]

ページトップボタン