TOP >  転勤になった!住宅ローン控除はどうなる?

転勤になった!住宅ローン控除はどうなる?

2018年7月10日

今回は会社からの転任の命令に伴い転居することになった場合(転勤になった場合)、住宅ローン控除の適用を受けておられた方が引き続き受けることができるのか?についてお話させて頂きたいと思います。
 
単身赴任の場合とご家族と一緒に転勤となった場合では、下記のように取り扱いが異なります。
 
<単身赴任された場合>
単身赴任の場合は、残された家族が住み続けていることで「引き続きその者の居住の用に供している」とみなされ、住宅ローン控除を受け続けることができます。
 
<ご家族と一緒に転勤された場合>
平成15年4月1日以後の転勤等で転居した場合、転居期間中の住宅ローン控除は受けられなくなります。
ただしその後、再びマイホームに戻ってきたときに控除期間が残っていれば、住宅ローン控除を再適用することができます。例えば最初の5年分の控除を受けてから転勤等で転居し、2年後に戻ってきた場合、残りの期間3年分の控除が再適用されます。
 
転勤が終わり、住宅ローン控除の再適用を受けるためには、「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」を転勤による転居前に所轄税務署に提出する必要があります。
私も数年前転勤になり、引越の段ボールに囲まれながら、上記の届出書を書いた経験があります。転勤に伴い荷造りや引越先探し、各種住所変更手続き等でお忙しいかと思いますが、届出書の提出をお忘れにならないようにして下さい。
 
個人の方にとって、税制面で大きな恩恵が受けられる「住宅ローン控除」制度ですので、税務署等で詳細をご確認のうえ、制度を有効に活用下さいね。

≪平和堂ほけん あるプラス≫アル・プラザあまがさき 冨山(とみやま)

HPH180625-005-01

最近の投稿

遺言書とは・・・

突然ですが、遺言書って書いたことはありますか? 既に書いている方もいらっしゃるでしょうし、まだ考えたことも無い方もいらっしゃると思います。   そもそも遺言とは、一般的には形式や内容にこだわらず、自らの死後のために遺した […]

医療保険の給付金はいつ支払いされるのか?

今回は医療保険の給付金についてお話します。      給付金請求の手続き方法 まず給付金請求の手続きには医師の「診断書」が必要となります。この診断書は、保険会社所定の書類であるため、保険会社から直接入手するか、 […]

学校や地域との関わりを考える

今回は、PTAについて取り上げてみたいと思います。 昨今、核家族化や共働き世帯の増加といった時代の変化を背景に、これまでのPTAの組織の在り方や運営方法を見直し、新たな組織の形を模索する動きが各地で顕著になっています。 […]

住宅購入前にぜひ検証やチェックをしておきたいこと

最近、住宅購入を検討されている方からのご相談が多くなっているので、今回はライフコンサルタントとして住宅購入前にぜひ検証やチェックをしておいて頂きたいことを2点お話ししたいと思います。     本当に住宅ローンを […]

家庭や職場での「サマータイム」の導入は賛成ですか?反対ですか?

昨年に引き続き、今年も「異常気象」な夏となりました。西日本豪雨や大型台風の発生、連日の記録的な猛暑など、日本各地で甚大な被害が出ています。こうした気候状況は、もはや「異常」ではなく、今後、毎年「当たり前」のように起こるも […]

一人親世帯における補助制度をご紹介します。

今回は、一人親世帯における補助制度を5つご紹介します。 ※市区町村によって違う場合がありますので、詳細につきましてはお住まいの役所にご確認下さい。     5つの補助制度   〇児童扶養手当 18歳以下のお子様 […]

介護のおはなし

今回は少し介護のお話をしたいと思います。 国の介護保険制度がスタートしてから18年が経ちました。 本制度は、高齢者の数が増え続ける一方で、核家族化や介護をする方の高齢化などにより、家族だけで介護を行うことが難しくなってき […]

知っておきたい退職金優遇税制

  退職金の優遇税制をご存じでしょうか?若いサラリーマンには馴染みがないかもしれませんが、退職時期が近づくに従い身近なものになってきます。    退職一時金の特徴 退職一時金は退職所得として、給与所得 […]

「個人賠償責任保険」は必要保険です!

突然ですがみなさま、こんなニュースがあったのを覚えてらっしゃいますか?   『自転車で女性をはね寝たきり状態にさせてしまった小学生の母親に9,500万円の賠償命令』   このニュースの衝撃は大きかったですよね。 もしわが […]

限度額適用認定証を活用しましょう!

医療保険のご相談をお受けしたときに、「高額療養費制度」のお話をすることが多いのですが、最近ではこの制度のことをご存知の方がすごく増えています。 ご存知のない方のために簡単におさらいすると、医療費が高額になった場合でも、自 […]

ページトップボタン