TOP >  子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

2018年8月14日

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。

4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広げて、子供が認可保育施設などに入所できないことで保護者が復職を諦め、育児休業を延長したケースなども対象に含めるよう見直したことが影響しています。

同省では、毎年4月と10月の時点での待機児童の数を公表しています。4月は、卒園や保育施設の新設などで「供給」が増え、10月は、新たに生まれた子供や保護者の育児休業明けなどで「需要」が増える傾向にあります。よって、10月に待機児童の数が増えるのは分かります。

とは言え、全国の待機児童の数が3年連続で増加、しかも、前年同時期から倍増というのは、極めて「深刻」な状況です。 政府は、待機児童の解消に向けた様々な対策を講じていますが、現状はというと先述のとおりで、手詰まり感さえ漂っています。
そうしたなか、「子ども・子育て支援法」が改正されることになり、この4月より施行されています。

 

 「子ども・子育て支援法」の改正内容

改正法では、新たな対策として、保護者が住む自治体以外の保育所への「越境入園」を促し、保育ニーズを広域調整する仕組みもスタートします。

待機児童は、主に都市部に集中しています。市区町村別では、横浜市が最多の1,877人、次いで、さいたま市の1,345人、大阪市の1,335人となっています。こうした大都市のように待機児童が溢れる地域もあれば、施設の定員にまだまだ余裕がある地域もあります。そこで、近隣や勤務先などの地域で定員に余裕がある場合、居住する自治体以外への「越境入園」を促していこうということです。

これまでは、居住する自治体以外への申請は「例外扱い」とされ、実際の利用は困難でした。改正法では、都道府県を調整役に市区町村や事業者が協議会を設置して越境利用の調整を行うことになります。川崎と横浜の両市では、この仕組みを先取りする形で14年に協定を結び、市境に共同で設置した保育所の定員枠を2市で分け合い、双方の子供を受け入れる態勢を整備しているとのことです。

しかし、需要と供給がうまく合致するかが問題です。例えば、近隣の自治体に施設の空きがあっても、通勤や送り迎えで大幅に負担が増えてしまうケースも想定されます。また、待機児童が集中する大都市では、近隣の自治体でも同様に受け入れ枠が不足しており、越境入園のしようがないケースもあるでしょう。効果的なマッチングを実現できるかについては不透明な部分も多いと思います。
効果的なマッチングを実現させるためには、各地域が連携し、それぞれの生活圏の実情に応じて保育施設を整備していくことが重要になります。先述した川崎・横浜両市の取り組みも事例として参考になるでしょう。今後、自身の居住地域だけでなく、近隣や勤務先の地域についても、保育施設の利用状況などをしっかりと把握しておくことが大切になるかと思います。

HPH180801-004-01

 

最近の投稿

「シュリンクフレーション」をご存知ですか?

「シュリンクフレーション」という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞きなれない言葉ですが、最近、注目されています。 実は、この言葉は造語で、「シュリンク」(収縮する)と「インフレーション」(物価上昇)を掛け合わせた言葉 […]

生命保険、なんとなく入っていませんか?

生命保険は万が一があった時に、ご自身やご家族が困らないように必要と感じている方がほとんどでしょう。現在日本の生命保険の世帯加入率は、88.7%です。   しかし、たくさん保険に加入すれば良いとは限りません。 商品の種類が […]

病気ケガの入院時の所得補償【傷病手当金】

今回は、「傷病手当金」についてお話いたします。    傷病手当金は、どうすればもらえるの? 支給期間はどのくらい?いくらもらえるの?と疑問があると思います。 それぞれについて記載させていただきます。       […]

保険加入の際の健康状態について

現在保険に入ろうと思っている方も、いずれ検討しようと思っている方も、保険に加入する際に様々な条件がつく可能性がある事をご存知でしょうか?   生命保険のお申込を行うときには健康状態を「告知」していただく必要があります。 […]

うつ病でも自転車保険の保障が得られる方法

自転車に乗ると、天然の神経物質「セロトニン」や「エンドルフィン」が脳の情報伝達バランスを整え、うつ病の症状の改善に役立つという結果が研究によって明らかにされています。 しかしながら、他人と事故を起こしてしまったり、最悪の […]

『マイナス金利』でもお金は増やせる?!

近年よく耳にする『マイナス金利』ですが、どのようなものだったのか、おさらいしてみましょう。    『マイナス金利』とは まず、『マイナス金利』とは・・・ ◆政府(政策)の狙い 1.日本銀行が民間の銀行から資金を預かる時の […]

【配偶者控除および配偶者特別控除】パート主婦の年収の壁とは?

2018年1月から配偶者控除および配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額などが大きく改正されています。    これまでの仕組み それまで夫は妻を税法上の扶養とするために、パート等で […]

住宅ローンを組む前に・・ライフプランニングのすすめ

  今回は「住宅ローン控除」についてお話したいと思います! 住宅購入の際、住宅ローンを組まれた方は、住宅ローン控除の恩恵を受けることができます。(10年以上の借入期間、床面積50平方メートル以上など、いくつかの […]

10年以上使っていない銀行口座は2019年から「休眠預金」に・・・!

貯金が大好きと言われる日本人は、平均1人当たり3.5口座を保有しているようですが、「休眠預金」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?    休眠預金とは 長期間動きのない口座のことを「休眠預金」といい、最後 […]

いよいよ、消費税率10%へ

消費税率10%への引き上げが、2019年10月1日より施行される予定です。 特に住宅等の大きい買い物を検討されている方は、関心が強いのではないでしょうか。   注文住宅の場合は、工事の契約から完成引渡しまで期間が長いこと […]

ページトップボタン