TOP >  子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

2018年8月14日

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。

4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広げて、子供が認可保育施設などに入所できないことで保護者が復職を諦め、育児休業を延長したケースなども対象に含めるよう見直したことが影響しています。

同省では、毎年4月と10月の時点での待機児童の数を公表しています。4月は、卒園や保育施設の新設などで「供給」が増え、10月は、新たに生まれた子供や保護者の育児休業明けなどで「需要」が増える傾向にあります。よって、10月に待機児童の数が増えるのは分かります。

とは言え、全国の待機児童の数が3年連続で増加、しかも、前年同時期から倍増というのは、極めて「深刻」な状況です。 政府は、待機児童の解消に向けた様々な対策を講じていますが、現状はというと先述のとおりで、手詰まり感さえ漂っています。
そうしたなか、「子ども・子育て支援法」が改正されることになり、この4月より施行されています。

 

 「子ども・子育て支援法」の改正内容

改正法では、新たな対策として、保護者が住む自治体以外の保育所への「越境入園」を促し、保育ニーズを広域調整する仕組みもスタートします。

待機児童は、主に都市部に集中しています。市区町村別では、横浜市が最多の1,877人、次いで、さいたま市の1,345人、大阪市の1,335人となっています。こうした大都市のように待機児童が溢れる地域もあれば、施設の定員にまだまだ余裕がある地域もあります。そこで、近隣や勤務先などの地域で定員に余裕がある場合、居住する自治体以外への「越境入園」を促していこうということです。

これまでは、居住する自治体以外への申請は「例外扱い」とされ、実際の利用は困難でした。改正法では、都道府県を調整役に市区町村や事業者が協議会を設置して越境利用の調整を行うことになります。川崎と横浜の両市では、この仕組みを先取りする形で14年に協定を結び、市境に共同で設置した保育所の定員枠を2市で分け合い、双方の子供を受け入れる態勢を整備しているとのことです。

しかし、需要と供給がうまく合致するかが問題です。例えば、近隣の自治体に施設の空きがあっても、通勤や送り迎えで大幅に負担が増えてしまうケースも想定されます。また、待機児童が集中する大都市では、近隣の自治体でも同様に受け入れ枠が不足しており、越境入園のしようがないケースもあるでしょう。効果的なマッチングを実現できるかについては不透明な部分も多いと思います。
効果的なマッチングを実現させるためには、各地域が連携し、それぞれの生活圏の実情に応じて保育施設を整備していくことが重要になります。先述した川崎・横浜両市の取り組みも事例として参考になるでしょう。今後、自身の居住地域だけでなく、近隣や勤務先の地域についても、保育施設の利用状況などをしっかりと把握しておくことが大切になるかと思います。

HPH180801-004-01

 

最近の投稿

「個人賠償責任保険」は必要保険です!

突然ですがみなさま、こんなニュースがあったのを覚えてらっしゃいますか?   『自転車で女性をはね寝たきり状態にさせてしまった小学生の母親に9,500万円の賠償命令』   このニュースの衝撃は大きかったですよね。 もしわが […]

限度額適用認定証を活用しましょう!

医療保険のご相談をお受けしたときに、「高額療養費制度」のお話をすることが多いのですが、最近ではこの制度のことをご存知の方がすごく増えています。 ご存知のない方のために簡単におさらいすると、医療費が高額になった場合でも、自 […]

待機児童解消に向けての「大規模マンションでの保育園の設置促進」

今回も、待機児童の問題を取り上げます。待機児童の解消には保育の受け皿となる施設や保育士の確保が必要不可欠となります。しかし、政府が講じる施策が思うような成果に繋がっておらず、施設や保育士の不足は深刻化する一方です。 そこ […]

気になる!貯蓄性のある保険

さて今回は、「貯蓄性のある保険」についてお伝えさせて頂きます♪ 皆さんは、貯金は三角 保険は四角、という言葉を耳にしたことはあるでしょうか? おそらく多くの方が銀行等で何かしらの貯金を行なっていると思いますが、保険を活用 […]

3分で分かる。所得補償保険と就業不能保険の違い

お客様から最もお問い合わせが多いのが、「働けなくなったときの保険」です。 今回はその中でも、収入減によって生活が困らないようにする 『所得補償保険』と『就業不能保険』の違いをお話します。 まず以下に違いを挙げています。 […]

子ども・子育て支援法の改正(越境入園の促進)

厚生労働省は、17年10月時点で認可保育所などに入所できない待機児童の数を全国で5万5,433人と発表しました。 4月の時点から2万9,352人も増えたことになったのですが、これには、同省が17年3月に待機児童の定義を広 […]

40年ぶりに、遺産相続などに関する民法が改正される見通しとなりました。

  この2018年3月に遺産相続などに関する民法改正案が閣議決定されました。 相続分野の見直しは、なんと40年ぶりのことで、新聞記事やマネー雑誌で大きく取り上げられています。今国会で成立すれば2022年春にも施 […]

うつ病と生命保険

仕事、学業、日常生活などのストレスから精神的に参ってしまい、うつ病になる方が年々増えてきてます。うつ病という病気に対して、昔は「精神的に弱いからだ」とか「甘えだ」と思われていましたが、今は誰しもがなりうる病気と認識されて […]

持病があっても保険って入れるの?

お客様よりよくいただくお問い合わせのひとつが、「持病があっても入れる保険」についてです。 正確には、「引受緩和型」と言い、「引受(条件)」を「緩和」した保険で、従来の保険であれば、お引き受けできない体況の方でも、保険に加 […]

日本の社会保障制度

さて、日本には充実した社会保障制度があることを皆様はご存知でしょうか? 民間保険に入る前に、どのような社会保障制度があるかを知ることはとても大切なことです。 今回は、代表的なものを8つピックアップいたします! &nbsp […]

ページトップボタン